Groupe Logo - ロゴデザインとは?

ロゴデザインとは?お店の印象はこれで決まる!?

お店や会社でよく使われている小さいマークは、ロゴデザインとして一般的によく用いられている宣伝方法です。
このロゴデザインとは、一体どのようなもので、どのような効果があるものなのでしょうか?
今回は、そんなロゴデザインの基本的な情報を紹介したいと思います。
そもそもロゴデザインとは、一体どのようなものを指すのでしょうか?
またロゴデザインを設定する意味は何なのでしょうか?

▼ 目次

ロゴデザインとは?

ロゴデザインとは、お店や会社が一般世間いわゆる消費者に認知されるために用いる、シンボルのようなものです。
昔は大名に家紋が設けられていましたが、それに近いものだと考えると良いでしょう。
ロゴマークを見るだけで、その企業のイメージや商品が思い浮かぶようになります。
大手の有名企業になればなるほど、ロゴデザインのシンボル的効果は高く 、流行に左右されないロゴデザインが、私たちの生活の中に浸透しています。
このロゴデザインは、一見ロゴマークのみのシンプルな構成のように思われがちですが実際多くの企業ではシンボルとロゴタイプで組み合わせたものが一つのロゴデザインとして採用されています。

シンボルというのは、いわゆるロゴマークのことで、企業イメージを具現化したデザインマークです。
それにロゴタイプと呼ばれる文字を組み合わせて、ひとつのロゴデザインとして、採用している企業が多いです。
ロゴデザインには、このようにシンボルマークと文字を組み合わせたものと、シンボルのみのものがあります。
シンボルのみのロゴデザインが世間に浸透するのは、実際なかなか難しく、我々の生活に「当たり前の存在」として認知されている企業や団体のロゴデザインでよく見かけます。
例えば、赤十字のマークは、シンボルのみのデザインですが、そのマークを見ただけで我々に赤十字をイメージさせます。

国旗なども一種のロゴだといえます。
アメリカ国旗や日本国旗を見ると、国の説明を聞かなくても、どこの国を示しているのかが分かります。
このように、ロゴデザインは、国や会社のイメージを具現化したものであり、世間に存在を認知してもらうためには、必要不可欠なアイテムだということになります。

特に自社の製品をブランド化したい場合は、このロゴデザインがかなり重要な要素の一つとなってきます。
ブランドというのはすなわち、その会社そのものを表すものです。
もし、ブランド化する時にロゴデザインを用いないと、人はその商品に対してどこにイメージを持ってきたらいいのかが分からなくなります。
「このマークがあるものは、あそこのブランドだ」という認識を持ってもらうためには、やはりロゴデザインは必要なツールだということが言えるでしょう。

また、会社や会社の商品ロゴデザインを設定することで、他社の商品との区別化が可能になります。
いくら性能が違う商品同士でも、ロゴデザインがなければ、人は商品の区別がつきにくくなってしまうものです。
簡単にいえば「印象に残らない」ということです。
印象に残らない商品は売れ行きが伸び悩みますので、ロゴデザインは絶対に必要といってもいいツールだと断言できます。

ロゴ作成 依頼についてはこちら

どのような工程で制作をするの?

さて、そんなロゴデザインですが、どのような工程で制作をしていけばいいのでしょうか?
ここからは、ロゴデザイン制作の基本的な流れを紹介したいと思います。
見た目はシンプルなロゴデザインでも、それを制作するまでには、色々な工程を挟みます。
例えば一番重要なのは「リサーチ」です。
ロゴデザインは企業のシンボルになるマークですので、事業内容とかけ離れたロゴを制作してしまうと、イメージが定着していきません。
そのためまずは、ロゴデザインを設定する会社について、徹底的にリサーチを行います。
これはプロに依頼した時でもそのように行われる、かなり重要な工程です。

どのような商品が売り筋の商品で、どのような企業理念を持って営業を続けているのかなど細かな点まで調べていきます。
商品につけるロゴマークであれば、その商品の魅力を調べてコンセプトがずれないロゴデザインを製作していきます。
後は、競合他社や競合他社の商品、ジャンルにおける市場の流行などもリサーチを行い、徹底的な情報収集をしてから実際のスケッチに入っていく流れです。
とにかくロゴデザインは、リサーチに次ぐリサーチで、それらの情報を基に、デザイナーがイメージを膨らませていく感じです。

スケッチにおこせば、後はパソコンで実際に使うデザインを清書していきます。
ここまでできればあとは、修正と再考を繰り返して、完成に近づけていくだけです。
これらの工程で重要なのは、リサーチと修正であり、この部分に力を入れていけば、力のあるロゴデザインが完成します。

さいごに

一見するとシンプルなロゴデザインですが、実際には絵を書くよりも難しいものです。
もし自社でロゴデザインを導入する場合は、自分で考えるよりも専門の業者に依頼した方が、いいものができる可能性が高いです。
ロゴデザインをやってくれる業者はたくさんありますので、ネットで調べてみるといいでしょう。